aiMIKI STUDIO
ai's country life with good fish and design. 田舎で旨い魚とデザイン暮らし。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2009/10/28(水)   CATEGORY: 日記
something I'm into lately (最近はまってるコト)
最近私がはまってるコト。
それは、図書館で文学小説の朗読CDを借りて来ては、
長い秋の夜長、だらだら時計のペインティングをしながら聴くことです。
小さい時から推理小説や文学や日本昔話や民話の朗読テープが
大好きで、よく聴いていたのですが、
一度だけ聴きたいものを、いろんなシリーズ自分で買い集めるのもなかなか難しい。
図書館だと毎日のように違う、いろんなお話を借りれる!ということに気がついて、
早速つぎつぎと借りてきては、読みあさって(聴きあさって)います。
小さいときに一番最初に聴いたのは、宮沢賢治の詩集朗読。
『永訣の朝』の、長岡輝子の「あまみぃ~ずとてちてけんじゃぁ。あまみぃ~ずとてちてけんじゃぁ。』がキョーレツに強く頭に今でも残っています(なぜか親子3人でキャンプに出掛けたとき、
行きの車の中、その物悲しい詩をテープで聴いていた記憶が鮮明に・・・・)。
今でも小説は暗い方が結構好きなのは、そのせいかしら・・・?

そのあとすごく記憶に強く残っているのは小学校のときに寝るとき枕元で聴いていた
『シャーロックホームズ<バスカヴィル家の魔犬>』でした。
シャーロック探偵などがドアをギィ~っと開けたり、ぼんぼん時計が鳴る音が効果的に入っていて、ぞくぞく想像力をかき立てました。
宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』はNYでよく仕事中にヘッドホンをして聴いていましたが、
朗読の声も心地よく、
夜空の中を走る鉄道の光とか、
想像をかき立てられる描写が多く、とても好きな作品です。
おなじみ、市原悦子/常田富士男のコンビで読まれる『日本昔ばなし』も最高ですヨ!
けっこう、耳で文学や昔話を聴くと、私の場合・・、なのかもしれませんが、
目で字として読んだ小説よりも鮮明に、自分で勝手に思い描いていた映像/世界とともに
強く覚えているんですよね。
秋の静かな夜、ひとりで居るときに、、、なかなかいいですよ。
夜中に起きていると、なんか途中で音楽も聴き飽きるときがあるんですよね。
そんなとき、声の心地よい朗読の(今は岸田今日子の朗読にハマってます)の
温かい声を聴きながら、
いろいろ勝手に頭の中で物語の背景を思い描きながら作業をするのは、
なかなか楽しいものです。

Something I'm into lately...is listening CDs of literature, novels, sometimes detective stories and Japanese old fairy tales that were read aloud by voice actors who have very comfortable nice voices while
I'm painting during quiet mid night hours.
Actually, I loved enjoying literature by listening cassette tapes more than reading, since I was very little child,
somehow I remember stories that I heard by listening tapes more clearer than the stories I read by eyes. And these great voice actors' readings, and sometimes even sound effects(specially for the detective stories like "Sherlock Holmes") make me imagine all the scenes visually in my head, and sometimes I imagined very beautiful views for some literature or poems, and I never forget that even after I became older.
For example, I remember so clearly, one of the darkest, saddest poems of Kenji Miyazawa which I was listening in a car on our way to go camping with my parents when I was very little...I don't know why they played such a dark sad poem on the way to go fun camping....but maybe that's why, I still love dark and sad literature and poems more than happy happy ones.

Anyways, recently I realized that we can rent all of these literature CDs at the libraries, and I'm so excited renting one by one to enjoy every night.
Sometimes when I'm awake til very late, even listening favorite music makes me tired and bored..
around 3am, I miss low human voice, not singing, more relaxed and quiet and comfortable.
Enjoying all of the novels & literature that I wanted to read for a long time by listening CD is
very fun thing to do for me.


091026_1823~01

091028_0004~01
スポンサーサイト
[ TB*0 | Comment*1 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
● 管理人のみ閲覧できます
| | 2009/10/31(土) 23:17 [EDIT]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © aiMIKI STUDIO. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。