aiMIKI STUDIO
ai's country life with good fish and design. 田舎で旨い魚とデザイン暮らし。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
1 hand from you, 1 hand from me. (片手をつないで)
『男女は、どんなにお互いを好きになっても、
両手をつないで歩いちゃダメよ。
「お互いの体の後ろには何があるんだろう?」と思い始めるし、転ぶから。
片手だけつないで、お互い一緒に前を見て歩くのが、大事なの。』
恋というものを、
初めて真剣にし始めた頃の幼い私に、すでに言っていた母。

でもなぁ、なるほど、今でもふとそれを思い出す。
それは夫婦でなくても、
『ずっと一緒に生きていきたい』と思うパートナーなら、
お互いはもともと別々の人間なんだもの。
相手を愛するあまりに、気が合うと嬉しくておもわず、
まるで相手を自分の一部のように思うようになってしまいがちだけど、
本当はもともと別々の人間。
お互いが知らない遠い過去や忘れられない想い出があっても、
それはそれでいいのだろう。
片手に確実に、そのぬくもりが感じられるなら、
全部知らなくていいのだろう。
お互いが思いやりを持ちながら、
今日も自由に、健康に生きていることが、
きっとなによりも大事。

"Even if you will love someone so much one day,
never try to walk together holding both hands.
Because you will start to wonder, "What exists behind him?" and
you will fall together.
It's very important that you will hold just 1 hand each other,
and look front together to walk."
My mother told me that when I was just like very childish 16 who
just started to know what is "being in love"like...

Ummm...well, but it actually makes sense!
I think about this word deeper
when I'm getting older.

"Partner" is actually a different person.
When we love someone so much and when we could share many things,
the happiness to be with him/her almost makes us feel like
he/she is one part of you.
But actually the partner and I are originally 2 totally different people.
It must be just fine that we have unknown past and memories that
we don't know or share each other.
If we could feel his/her temperature in one hand,
we don't need to know "everything".
The most important thing must be,
to feel each other's care & love,
and know he/she is living free and healthy inside & outside..


youandme.jpg
スポンサーサイト
[ TB*0 | Comment*6 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

kae-dodo | URL | 2008/07/01(火) 13:37 [EDIT]
アイちゃんらしさ満載の絵だね。絵本の先生が目をむいて、焦っていたのを思い出します。でも、健康的で全然いやらしくない。私が描くと、貝殻とか葉っぱで隠しちゃって、かえっていやらしくなっちゃいそう。なんか、なつかしいね。
確かに、「知らない」方がいい部分は、パートナー同士であっても、あるんだろうね。私は、想像力過多なので、きっと、そうだと思うよ。
まるで、双子のように仲のよい、すべてをわかり合ってる幼なじみカップル、というのもあると思うけど、もともと考え方が同じだったり、それを意識するより前から2人で生きてきて、どっちがどっちの考え方なのか境界線が見えないぐらい、寄り添ってるってまれなケースな気がします。
大人になって恋をしたのなら、片手をつなぎあって、そのぬくもりだけで相手を安心させてあげる努力が、お互い大事なんだろうね。それを曲がりなりにもやってのけてると思うと、年月を経たご夫婦がすべてすごい立派に見える、今日この頃です。

Blue-chan | URL | 2008/07/02(水) 00:48 [EDIT]
なんか、深イィコトバだね。
大人になって、改めて身にしみるコトバだと思う。
若い頃は大切にしたい人と正面で向かい合っているのが当たり前だと思っていたし、その人のすべてを知りたいと思っていた。そんな昔を思い出したよ。

でも、前を向いて共に歩んでいく為には、手をつなぐのは片手でいい。
片手で十分な愛を与えられる。そんな人間でありたい。

なんてな。
今夜はちょっと詩人なぶるーちゃんでした。
● kae-dodoさんへ。
ai MIKI | URL | 2008/07/02(水) 03:42 [EDIT]
わははははは* 
ほんと?健康的で全然いやらしくないか。
今でもP先生の悲鳴が聞こえてきそうだわ(笑)。
NYの大学の絵本の授業で、猫の後ろ姿に『おしりの穴』を描いたら、『子供の絵本なのに、ダメヨ!』って消さされたけど、やっぱり『そこにあるもの』
『あるから、いいんじゃないか』的なものは、どうしても描き込みたくなっちゃう性分。P先生ごめんなさい!
『え?それでいいの?そんなんでいいの?』って感じで軽~くパートナーの片手を握ってるくらいの夫婦が、意外にすごく平和に、しかも深くつながっているように(というか、「このひとは,なんだかんだいっても、おそらくこのひとなしで生きていけないだろうな」と周りに思わせる)見えるよね。ガチガチに力が入ってない、ゆったりとした空気が、周りをも幸せにする。
やはり、『気にしない』が最強ですな、kae-dodoさーん。うむ。
● Blue-chanへ。
ai MIKI | URL | 2008/07/02(水) 03:54 [EDIT]
『片手で充分な愛を与えられる』か。。
ほんとにね。Kae-dodoさんも言っていたように、
『そのぬくもりだけで相手を安心させてあげる努力』が
必要で、それができるようになってくことが、
『自分自分』ばかりで生きていくのではない、
ひとを本当の意味で愛せる『大人』になるって
ことなのかもしれないね。
そんな大人になっていきたいよ、私も。
誰かと片手でも、繋ぎ続けるためには、
やはり『努力』は欠かせないってことだよね。
夫婦でも、恋人でも、家族でも、友達でも、
きっとずっと永く、つながって幸せに一緒に生きてくためには、この適度な気楽さと、確実にそこにある
ぬくもりが、必要なんだろうね。
片手でどこまでも繋ぎ続けていくのは、
両手でガッチリ短距離を歩くよりも、
一人で歩くよりも、
大人になる努力が必要なのかもしれないね。

やっさん | URL | 2008/07/02(水) 15:19 [EDIT]
片手だけつないで歩くか、いい言葉だね。幼い娘にそんな言葉を伝えるお母さん、なんてすばらしいひとなんだろう。
私の場合は、ずっと一人で歩いてきたから、好みとしたら、好きな人の半歩後ろを歩いて、好きな人が時々後ろを振り向いてくれたら、嬉しいかな。
● やっさんへ。
ai MIKI | URL | 2008/07/03(木) 10:08 [EDIT]
やっさま。。。。☆
あなたの半歩前を歩かせてもらえるひとは、
本当にラッキーで、幸せなひとだと思う。
片手をつなぐことで満足するかどうかの話どころか、『半歩後ろを歩いて、好きな人が時々後ろを振り向いてくれたら、嬉しいかな。』と言うあなたは、すでにうちの母よりなにより、仏のようにずっと上をいってるよ!

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © aiMIKI STUDIO. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。