aiMIKI STUDIO
ai's country life with good fish and design. 田舎で旨い魚とデザイン暮らし。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
蛍は、五匹程がちょうどいい。(Fireflies Season)
今年も、蛍の季節もだいぶ終わりがけ。
高校時代の友人が千葉から越前に訪れている最中の叔父に会いに行くと、
『昨日の晩は、縁側から見えた蛍をつまみに(食べてたわけではない)、
二人で酒を飲んでたんや。
蛍は、五匹程が、ちょうどいい。
1匹じゃ淋しいし、よ~け、いすぎるのもまた趣に欠けるからな。』
と私生活に侘び寂びを極めている隠居中の職人の叔父。
去年見た、車とひとに集まるエレクトリカル・パレードのような
蛍も感動したけど、黒々とした景色の中を『五匹程』ふわふわ舞う蛍も
なるほどたしかに、さらに趣き深い。。。
『ちょうどいい。』

私はところで、二匹ってのも、なかなかロマンチックで好きだけどね*。

『蛍火や 闇夜を知らす 二つ三つ』(by: ai MIKI)

It's firefly season in my hometown.
My uncle who is having his old friend from far visiting his house told me,
"We drunk Sake together last night watching the fireflies that were flying in the back yard.

It was just 5 fireflies...but 5 is very perfect amount to watch with sake.
Just 1 firefly is too sad, but too many of them is not poetic enough to watch."
This uncle of mine is the master of craftsman who totally living in "wabi-sabi" style always.
Countless fireflies on the surface of my car, and on people
like "Disney world's night parade"that I saw last year was also very exciting, but
"just 5 of them"flying around in the dark silhouette of the night is actually..
very poetic, and something that will calm your mind. Ummm...

"Perfect amount."
I'd also love to watch "just 2 fireflies" with sake as well though...
That's also romantic, isn't it.


hotaru_blog.jpg



スポンサーサイト
[ TB*0 | Comment*4 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

kae-dodo | URL | 2008/06/26(木) 13:32 [EDIT]
先日、ラジオでちょうど蛍の事はなしてて、細かい数字は忘れちゃったけど、世界には2000種類ほどの蛍がいて、日本にはそのうち、60種類ぐらいがいる、(適当でゴメン。でも何千種類世界にいるのは確か)そのうち、水の中で育つのはどっちかと言えば少数派で、結構草むらとかで育っちゃうんだって。清流に生息する日本の蛍のイメージが、他の国ではあまりないのは、そのため。確かに、ニューヨークの蛍はごみだらけの公園でも光ってた。あれ、ありがたみ、全然なかったよねえ。私、ゴキブリと間違えて、踏みつぶしてたし。
蛍に関する、風流の感じ方も、その自然風土や文化にリンクしてるんだなあ、と思うと、このおじ様方が蛍を酒の肴にしちゃうのって、つくづく素敵なことだと思います。
● kae-dodoさんへ。
ai MIKI | URL | 2008/06/26(木) 15:12 [EDIT]
水の中で育つのってやっぱり少数派なんだ~!そうかぁ~。。日本人とアメリカ人とかの蛍のイメージが違うのがすごく納得。英語だとなんてったって"Firefly(=火ハエ)"だもんね!アメリカの子供服の柄に蛍描いたら即却下されたよ(笑)。そしてNYのあのフラッシュのように『ピカッ』と光る蛍の感じも、ちょっと日本人の思う『はかない美しさ』の象徴である蛍の弱々しくもゆったりした静かな光・・とはちょっとちがうイメージだよね。やはり、蛍は日本の夏の夜に眺めるのが、一番酒にも合うのかもしれないね。この、梅雨時のしっとりした夜に。
うむぅ。。そうするとゴキでさえ、どこかの遠い国では眺めて愛でられたりしてるのだろうか・・そこらじゅうで嫌われてるのも、また切ないから、どこかで愛されてるのも、また詩的かもしれない。。?
● 管理人のみ閲覧できます
| | 2008/06/26(木) 19:29 [EDIT]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
● 今年も蛍を見ました。
t.k. | URL | 2008/06/29(日) 00:47 [EDIT]
ちょくちょく読ませてもらってます。
今後ともよろしく。

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © aiMIKI STUDIO. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。