aiMIKI STUDIO
ai's country life with good fish and design. 田舎で旨い魚とデザイン暮らし。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2012/07/24(火)   CATEGORY: 日記
Flood attack (豪雨の恐ろしさ)
Horrible flood struck the famous historical Paper Village in my town. Why always disasters attack the weak or poor area? I don't mean that disaster should visit some rich area, but it is just very very sad to see the old and poor craftsmen people struggling with the natural disaster.
I visited 2 craftsmen's places for volunteering today, but it was worse situation than I imagined.
So many Japanese hand-made paper craftsmen are living in this village, but lots of their factories were attacked, and these 2 craftsmen who are my friends (both are more than 80 years old)' places were major disaster.
Their old and precious tools and pots, materials for traditional paper making are all broken or gone or messy or muddy.
I thought it is too hard for 80 something years old men to think optimistic to restart in this situation, they need lots of energy support from young people, and money help from the government to continue their business.
They thanked us so many times, prepare the cold drinks and snack for us, and even try to find something in the house to give me when I was leaving...they are all so kind and nice people....I was overwhelmed.
The craftsmen who made our histories and cultures are national treasures, and they are also our grandpas and grandmas for all of us.
I stopped by Ootaki-Shrine (very old shrine for paper god in this village) to pray for them on the way to pick up Koushirou to his kindergarden. I thought it is so important to continue visiting them.



お世話になっている紙漉き職人さんと、墨流し職人のおじいちゃんのところへ、猫の手にもならない微力ながら、お手伝いさせて頂きに行きましたが、言葉を失うほどひどい被害状況でした。紙漉きのための材料、楮を溜めてある桶には倒れたコンクリート塀がかぶさり中は腐り、鉄釜は流されひび割れ壁に穴を開け、ふね(紙漉きをするときの木の浴槽のような箱)は傾き、道具はめちゃめちゃ、工場はぼろぼろで、70−80才以上のご高齢の職人さん達が、『また頑張ろう』と思うには、相当のエネルギーと補助金と周り中から集めた元気玉がなければ、途方に暮れてしまうだろうと思う状況です。若い人でもすぐにはやる気湧いてこないよね。。
同じ川の氾濫で、これで4回目の水害だということ。もうこの村の人たちが次の豪雨で力尽きてしまわないように、市には川がもう溢れないように確実な工事を、彼らには充分な補助金が渡される事を切に願います。
そしてやっぱり復旧には、若い人たちのエネルギーが、確実に必要だとも痛感しました。
こんな微力な手伝いにさえ、何度も何度も頭を下げて『ありがとう、ありがとう、助かったよ』とお礼をいい、冷たく冷やしたものを用意して、帰り際にはなんか渡せるお土産はないもんかと探し出す(断るのが大変です!)優しい職人のお年寄りたちに涙が出そうでした。
その腕ひとつで歴史や文化を作ってきた職人さんたちは国の宝であり、国民みんなの祖父であり、祖母だなぁと感じます。
帰り道、私も紙の神様が祀ってある『大瀧神社』に立ち寄ってお祈りし、保育園に子どもを迎えに、申し訳ないながら退散させていただきました。よし、また行こう!!こんな私にも、『来てくれて嬉しい、元気出るわの』、と言ってくれたおじいちゃんを応援しに、また行こうと思います。

526495_3810214726594_506226828_n.jpg

554990_3810233127054_127546192_n.jpg
スポンサーサイト
[ TB*0 | Comment*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © aiMIKI STUDIO. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。