aiMIKI STUDIO
ai's country life with good fish and design. 田舎で旨い魚とデザイン暮らし。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
He entered Kindergarden today! (入園式*)
Koushirou became 2 years and 3 months old, and
he entered Kindergarden today!
Today was his Kindergarden's welcome ceremony.
Japanese young parents work amazingly hard to make their kid's
required items for Kindergarden or Preschool (like little fabric bags to carry a tiny plastic cup, tooth brushes,
extra clothes, diapers etc..)
there are lots of little things we have to prepare for our kids before they enter Kindergardens,
but I feel that many parents just want to work hard for "handmade" to celebrate their little one's "1st social life☆" as a person.

Nowadays in Japan, we can buy ANYTHING, even cute, "handmade" looking fabric bags or whatever very cheap price, but many mothers still try to make them by their selves for their children.
That is our gifts for our children to tell them how much we love them,
and pray lots of happiness for their new life***I guess.

My precious friend sent us her handmade fabric bag for Koushirou to put his extra clothes to bring to his Kindergarden! It is super duper cute bag with her own illustration and made by all hand!! Thank you K, we love it!!!!

"Sawing" is not my thing really, even though I love it, but I'm not good at
putting my time and energy long enough there to make something big...
So I couldn't appreciate enough to my friend K that she made a lovely handmade bag for Koushirou~!!

Instead of putting my energy and limited time into sawing,
I drew his favorite things on his bag, and shoes, and his umbrella to make them original☆.

I drew all the things he loves, and things he can say names.
Fortunately he loved it, and he was already wearing the bag and shoes inside of the house from the day before yesterday.
His smile really makes my day (^_^)♪, and heals my sleepy tired head.
Same way for all the mothers...


光史郎もいつのまにか2才3ヶ月になり、めでたく本日入園式を迎えました。
今の世の中、巾着や名札どころか、ぞうきんや弁当袋まで、100円でもすべて買える便利社会なのに、
それでも世の若い母親たちは、
忙しい合間をぬって、みんな我が子の入園の前に、せっせと布を買って来て、小学校以来のミシン作業に
あくせくしながらも、お弁当袋や着替え袋をせっせと手作りしてやるものですね。
やっぱりここで『母の手がかかったもの』を子供に与えてやりたいと思う気持ちは、
我が子が初めて『社会生活をする☆』までに成長した事の喜びと、
我が子にたくさんの幸せが待っていますようにと祈りをこめて、
愛をたくさん詰め込みたくて、皆眠い目をこすりながらも、
がんばってしまうのでしょう。
『か~さんは~♪よなべ~をして~てぶく~ろ編んでくれた~♪』の世界は
いつの時代も、どこの国でも、母親っていうものは、いつの間にかそうなってしまうものなのでしょうか。

縫い物はとっても好きなのですが、長時間かけて一つのものを縫って作り上げる根性がどうしてもない私は
(編み物もかなり苦手。マフラーを作ろうとしてマフラーになったことがない。)、
代わりに、そのエネルギーと限られた時間を、
光史郎の入園バッグと、傘と、新しいくつに、
彼の大好きなものばかりを描いてやることに、注ぐ事に決めました。
光史郎が大好きなもの、名前を言えるようになったもの。
大好きなABCと123まで無理矢理書き込みました(^_^;)笑。

ありがたいことに、こんなものでも、悲鳴をあげるほど喜んでくれて、
前の日からずっと家でもぶら下げて歩いてくれてました。
こんな子供の喜ぶキラキラした目に、疲れと寝不足で目をこすりながらも、
母は癒されちゃって、またがんばってしまうのでしょうね。
キャラ弁とか毎日作ってあげるお母さんとか、ほんっっとーに尊敬します(*0*;)!

そうこうしてるうちに、大のお友達のKちゃんが、
手作りの着替え/小物入れ巾着を『入園祝いに*』と作って、光史郎に送ってくれました☆!!
袋も手作り、紐までかわいい模様で手作り、
そして絵本作家の彼女が描いてくれたくまちゃんの愛らしいこと。
本当に嬉しいです*Kちゃんありがとう!!
すでに光史郎は気に入って、大好きな「いすのコッシー』のコップを自分で詰めてぶらさげて歩いてます。

さ~て、明日から、元気に保育園行ってくれるかな??

nyuuenshiki.jpg

DSC09755.jpg

DSC09788 copy

DSC09782.jpg

DSC09784.jpg

DSC09787.jpg

DSC00331.jpg

DSC00337.jpg
スポンサーサイト
[ TB*0 | Comment*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © aiMIKI STUDIO. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。