aiMIKI STUDIO
ai's country life with good fish and design. 田舎で旨い魚とデザイン暮らし。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2010/06/26(土)   CATEGORY: 未分類
そうそう!
私が長年思っていたことと同じ意見を、たくさんのひとに聴こえる言葉で言ってくれるひとを見つけて嬉しい。
その大好きな西寺郷太氏 X 「世界を変える100人の日本人」に選ばれたケント・モリ氏の対談に「ウムウム!そうそう!」とうなずく。この対談に加わりたぃ~笑!!

ケント・モリ X 西寺郷太 対談

taidan.png
スポンサーサイト
[ TB*0 | Comment*2 ] page top
DATE: 2010/06/26(土)   CATEGORY: 日記
R.I.P Michael (マイケルありがとう)
今日6月25日はマイケル・ジャクソンの命日。

一日中息子と
マイケルの曲を聴いて踊っていました。
息子は私の背中の
おんぶ紐の中で。

強く優しく輝き続ける、彼の残してくれたもの。
その光は私の中で、たくさんの人の心の中で
ずっと生き続けるでしょう。

どうか天国で
あなたが笑ってくれていますように。
これから世界が、『愛』の力で変わっていきますように。

It's been one year to the day since Michael Jackson passed away.

Whole day today...I was listening his songs and dancing with my son
who was in the baby carrier on my back.

The countless things that you gave me and the world
will live in our heart forever.
It still sparks gentle and strong.

Wishing you are smiling there.
Hope the world will change with the energy of "love".


Michael-Bubbles3.jpg

michael-jackson-bubbles.jpg





[ TB*0 | Comment*1 ] page top
Magic of a pinch of preparation(『ひと手間』のMagic)
曲げてます。塗ってます。。
レコードは黒くて溝がたくさんあるので、
色を塗っていく前に、徹底的にこの溝を埋めて黒さをなくすためにも、
白の下地を何度も塗り重ねてしっかり準備しなきゃ。
(とくに明るい色や薄い色を塗りたい時は、
写らないように真っ白に下地を描くことが大事)
こってりと塗らないと、水っぽい色絵の具を乗せたとたんに、シャーッと溝に広がってしまうのです。
(一度こうなると、もうどうしようもない。。)
私のコックさんのお友達とお話ししているときにも、いつもなんだか共通点を感じて、共感してしまいます。

ねぇ?

地道なひと手間、仕込みこそ、料理でも、陶芸でも、司会でも、授業でも、どんな作品作りでも、
ひとつまみのスパイスのように、もっとイイモノ☆にしてくれるんでしょうね。

I'm curving, bending, painting...
Since vinyls have gutters and it is soo black,
to paint nicely on it specially bright or light colors,
it is very important to paint enough layers of Gesso for the surface preparation.
Otherwise when I paint Acrylic color paints, it will spread over the whole surface.
(Once this happens, you can never fix it...)
When I talk with my friend who is a chef, I always sympathize when he talks about how
much he put his energy for the preparation before his restaurant opens.
Sometimes these "preparation" process is not too exciting part of the job,
but it is a magic pinch of spice to make everything nicer...artworks, foods, crafts,
being an emcee for radio show, teacher..right my friend?



TS3A0447.jpg
[ TB*0 | Comment*1 ] page top
DATE: 2010/06/15(火)   CATEGORY: 日記
KONNICHIWA to you who is new everyday ☆ (毎日新しい君に、こんにちは。)
everyday.jpg

paint2.jpg
[ TB*0 | Comment*0 ] page top
DATE: 2010/06/15(火)   CATEGORY: 日記
Shopping gives me energy! (元気が出るお買物♪)
5月の最後の週末は、毎年の通り、越前陶芸祭り(http://www.echizentogeimura.com/index.cgi)へ
いそいそと足を運びました。
ここ2年程は運悪くお天気が悪く、屋台のかき氷屋さんやお蕎麦屋さんは可哀想でしたが、
今年は素晴らしい晴天、帽子をかぶって出掛けないと日焼けしそうなくらいでした。

今年の戦利品。

今年はあんまりおこずかいを自分にばかり使えないので、どうしても必要だったお茶を煎れる大きめのティーポットと、
『作家さん達のバーゲンコーナーからだけ、イイモノを探すぞ!』と決めて祭りを2周ほどして
それぞれの作家さんたちが必ず設けておられる『バーゲンデスク』を眺めながら、
素敵な掘り出し物に出逢えないかと探しました。

あった*あった!

越前焼のプロの作家さん達と直接、その作品にまつわるお話なんかを聴かせていただいたりしながら、
ブースをめぐってくのは、本当に『お祭り』という言葉がよく似合う、楽しい縁日の気分です。

今回見つけた超~ホリダシモノ!!!の品々。
私が大ファンのベロ亭の岩国秀子さん(http://berotei.blog57.fc2.com/)
の『値下げ品』のテーブルの中から、
すごい作品を発掘しました。
ずんぐりとしたボディにペルー風の焼物イヤリングがぶらさがっていて、
表には意味深な重なるふたり、、裏には。。そしてこの無数の手は!?
もともと\8000の値札がついていたのに、なんと半額\4000になっていました。
岩国さんがきっととても創りたかったもの、遊び心いっぱいのこの素敵な壷、、
焼きも色もよくて、きっとギャラリーなんかだったら\25000はするでしょう!
『ひぇ~\8000でも安いのに、、、すっごい素敵!これください!』
と岩国さんに伝えると、
『え~!!!嬉しい~!!!もうこれは自分でもかなり気に入ってたので、
作家的にはこの値段は心が痛いんだけど、この土地でこの絵柄はウケが悪いのか、
ずっと売れてなかったんで、嬉しい~!!この3日間(祭り期間)で一番嬉しいわ。』
と言って下さり、私も岩国さん自身がそれだけお好きな作品をお嫁にもらえて、とても
嬉しく思いました。
こういう作家さんの想いを直接聴けるのも、越前陶芸祭りが毎年楽しみな理由。
岩国さんの作品は、彼女がペルーのクスコと越前市を行き来しながら
作品を創ってらっしゃるせいか、
土のあたたかさ、絵や色の明るさ、大地を感じるダイナミックな形、
がとても素敵な作家さんです。

今うちでは毎日好きでかかさないフランスパンが、テーブルの上でこの壷にささってますが、
絵筆差しとか、料理の道具を立てておくのに使いたいなぁとも考えています。
花を飾るのももちろんいいだろうけどね。
岩国さんがおっしゃるには『女性』だそうです。
フリーダ・カーロの頭飾りのように、ハッピーで華やかな花なんかを差しても
部屋を一気に明るくしてくれそう。

そして私のお友達、風来窯 大屋宇一郎君(http://www.youtube.com/watch?v=B3yMu9wegPs)のブースで
発掘した、素敵なプレート。
お店でお手伝いをしていた宇一郎君の可愛い天然の彼女Mちゃんに『何に使うんですか??』と
不思議そうに聴かれてしまいました笑。
宇一郎君の作品には、彼の人柄の優しさと柔らかさが溢れています。
新しいティーポットをうちのテーブルに置くためにも
このコースター(鍋敷き?)は最高☆だと思い、迷わず購入。
な、なんと、値下げ品コーナーで\500!ヒエ~!

陶芸祭りは、最終日の夕方が本当に楽しい時。
うろうろしてくうちにさっきの作品がまた値下げされてたりするんですもの*

私がどうしても今回見つけ出したかった理想のティーポットは、
中に茶こし穴が空いてるやつじゃなくて(最近まで透明のティーポットを使っていて、
いかにこの注ぎ口内の空洞が汚れるかがよくわかって、見えない土の急須の中は恐ろしい、、と思ってしまった)
茶こし用の網は最近はどんなサイズでも100円ショップで売ってるので、
急須の中自体はスコーンと気持ちよく穴があいていて、シンプルな作り、
でもたっぷり3人分は一気にお茶が煎れれて、
緑茶でも紅茶でも合いそうなもの。
毎日使っていて楽しくなるような一点ものの形。。
などと、
贅沢にこだわっていたのだけれど、お財布はけっこう風邪気味。。

そして出逢ったこの素敵な可愛いおひと。
しかも迷いに迷って会場を何周もして考えてるうちに、
『やっぱりこれにしよう!』と最後にたどり着いたときには
作家さんがさらに思いっきり値下げしてくださいました。
感激!
やっと出逢えた私の理想をすべて叶えてくれた愛らしいティーポットは
夕陶房のもうりゆかりさん(http://kone-kone.com/profile-yutoubou.html)の作品。

最後に、
マグカップフェチの私は、
『うぐぐぐ、、、夫に「ようけすでにあるやろ!?」と怒られそう。。』と
思いながらも、私の大好きな福井県あわらのお菓子『松の露』http://r.tabelog.com/fukui/A1801/A180102/18000552/dtlrvwlst/789579/1044126/#photo でできてるような、マグカップ。。
一目惚れして、最後に買ってしまいました。
なんとひとつ\1400という安さ。
嬉しすぎる。
そしてずっと欲しかった酒用のかたくちも見つけてしまった。
中がピンクでかわいい。
新藤聡子さん(http://gunjo-cafe.com/event/4/)の作品。
県外からこの土地に来られて、修行を重ねて、
ご自分の窯をもたれた方で、
素敵な女性でした。
作品にもセンスのよさが光っています。

やっぱり、作品にはその作家さんのお人柄が自然に映し出されるものなんですね。
どの作品にも、その作家さんらしい味を感じました。
それが見えるのも、陶芸祭りの楽しさですね。

大切に使わせていただきます!

早速うちに帰って、食卓に並べて、そのカップとティーポットで
お茶を煎れて飲むと、、
『なんとも生活が豊かになった気分だね。』と
夫と一息。
夜にはかたくちに酒を入れて、
授乳中にも関わらず、
酒までひとりであおってしまいました。

他の物を買い替えなくても、
最高に気に入った味のあるものを少し足すと、
生活がすごくリフレッシュするなぁ。。*と
完璧に風邪を引いた財布をなだめる。
でも、掘り出しもの、本当に自分の好きなものに出逢える時って、
なかなかないからねー。
チャンスの神様は前髪しかないから、
すれ違う瞬間に前髪掴まなきゃいけないみたいに。

しかも作家さんの想いがこもっているひとつひとつを眺めていると、
とても楽しくて幸せ。

it is worth every yen!!
(使った1円1円に価値がある!)

TS3A0426.jpg

TS3A0427.jpg

TS3A0428.jpg

[ TB*0 | Comment*1 ] page top
DATE: 2010/06/08(火)   CATEGORY: 日記
Beppo's words(ベッポおじさんの言っていたこと)
個展中に注文をいただいた時計をせっせとこしらえています。
振り子時計作りはとても楽しい私の趣味ですが、
同じものを正確にいくつも作ること(もともと一度描いた絵をもう一度描くのが苦手)、
木を切って色を塗ってちゃんと動く時計に仕上げていくプロセスは、
なかなか根気が必要で、計画的にやっていかないと
今年のクリスマスまでに注文の時計を、
楽しみにして下さってる方々にお届けできません(*o*;)。
子育て・家事片手にだとなかなか思うように進まず、
途方にくれることもありますが、
小さい頃大好きだった小説『モモ』に出てくる掃除夫の、ベッポおじいさんが言っていた言葉を思い出しながら、
ラジヲを聴きながら、カタカタと今日も糸鋸を走らせています♪。

「なあ、モモ。
とっても長い道路を受けもつことがよくあるんだ。
おっそろしく長くて、これじゃとてもやりきれない、こう思ってしまう。

そこでせかせかと働きだす。
どんどんスピードをあげてゆく。
ときどき目をあげて見るんだが、いつ見ても残りの道路はちっともへってない。
だからもっとすごい勢いで働きまくる。
心配でたまらないんだ。
そしてしまいには息が切れて、動けなくなってしまう。
こういうやりかたは、いかんのだ。・・・

いちどに道路ぜんぶのことを考えてはいかん、わかるかな?
つぎの一歩のことだけ、つぎのひと呼吸(いき)のことだけ、
つぎのひと掃きのことだけ考えるんだ。
いつもただ次のことだけをな。

すると楽しくなってくる。
これが大事なんだな、楽しければ、仕事がうまくはかどる。
こういうふうにやらにゃだめなんだ。

ひょっと気がついたときには、一歩一歩すすんできた道路が
ぜんぶ終わっとる。
どうやってやりとげたかは、自分でもわからん。

これがだいじなんだ。

(『モモ』 ミヒャエル・エンデ著 岩波書店 より)

I've been making pendulum clocks everyday.
It is one of my best hobbies now to make hand-made pendulum clocks,
but it is sometimes very hard to repeat making exactly same designs many times for the orders
(unfortunately, drawing same thing twice is not my favorite thing...),
and it actually takes very long process from cutting wood boards, painting them, until it will be a perfect clock which moves right.
When I think about how I can finish making many clocks for these orders I got by this Christmas,
it drives me crazy because it can never goes as I planed with a baby, and house keeping jobs.

But the words by Beppo the road sweeper from one of my favorite novel in my childhood, "Momo"
came back to my head, and cheers me up...
And it makes me keep moving my hands to cut woods.

"Sometimes, when you've a very long street ahead of you," [Beppo explained,] "you think how terribly long it is and feel sure you'll never get it swept...And then you start to hurry...You work faster and faster, and every time you look up there seems to be just as much left to sweep as before, and you try even harder, and you panic, and in the end you're out of breath and have to stop – and still the street stretches away in front of you. That's not the way to do it."

"You must never think of the whole street at once, understand?
You must only concentrate on the next step, the next breath, the next stroke of the broom, and the next, and the next. Nothing else,"

"That way you enjoy your work, which is important,
because then you make a good job of it. And that's how it ought to be."

"And all at once, before you know it, you find you've swept the whole street clean, bit by bit. What's more, you aren't out of breath...That's important, too."

(by Michael Ende "Momo")


TS3A0433.jpg

TS3A0424.jpg
[ TB*0 | Comment*1 ] page top
Copyright © aiMIKI STUDIO. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。