aiMIKI STUDIO
ai's country life with good fish and design. 田舎で旨い魚とデザイン暮らし。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
Soup in a Shoe (『靴の中のスープ』 )
12月5日より、振り子時計の個展をします。
やっとDMができました!
いよいよ日にちがせまってきて、お腹は重いし腰が痛くて寝れないしで、
毎日体力の限界と戦っておりますが、
直接手を使って作品を作る楽しみを味わいながら、ラストスパートをてんてこ舞いに走っております。

My exhibition of Pendulum Clocks will start from this coming Dec.5th.
Finally promotional cards were printed!
Show opening is right there, I'm fighting with my limit of energy everyday since
I got a big belly + can't sleep well because of the pain of my back,
but I'm enjoying this precious moment with a baby in my belly and making new works by hands one by one.


"Soup in a Shoe"
『スープ・イン・ア・シュー』とは、『靴の中のスープ』 という意味です。
西洋で靴は昔から結婚と多産の象徴と考えられてきました。
なんだかナンセンスで、シュールな世界、でもほっと日常の中に温かいスープのような幸せを、
をコンセプトに aiMIKI がひとつひとつ作り出すブランドです。
特別で大切なあのひとに、クリスマスプレゼントにいかがですか。
コチコチ振り子時計の音が鳴るカフェへ、冬のひととき、温まりにおいでください。

aiMIKI  振り子時計展  2009年12月5日(土)~14日(月)
12日(土)はカフェにて、長谷川健一さんと Acoustic ギターリスト石川征樹さん の live があります。
Live: 19:30/open 20:00/start ¥2500 温かい1スープ付。予約は電話、メールにて。

gecko cafe
営業時間: 12時~19時 火曜日定休
tel: 0778-21-2787
email: aneane_cafe@ybb.ne.jp
915-0805  越前市芝原3-6-30 
行き方: 旧8号線芝原団地交差点 
東折レ200m 福井銀行西側テナント1F

Shoes were believed as the symbol of marriage and fertility from long time ago in Western culture.
"Soup in a Shoe" is a new brand name for the handmade products that are made/designed by aiMIKI.
Weired and non-sense, but funny and it can be something that gives you a smile like a cup of hot soup in a cold night...that is the concept for this brand.
Please come and make yourself warm at the cafe that will have lots of sounds of the handmade pendulum clocks.
You might find a Christmas present for someone special for you.

aiMIKI's handmade pendulum clocks exhibition: from Dec.5th(SAT) to 14th(MON) 2009.
12th(SAT) will be the Acoustic Guitar live by the professional musicians Mr. Masaki Isikawa and Kenichi Hasegawa at the cafe. 19:30/open 20:00/start ¥2500 with a cup of soup.
Please call or email to Gecko Cafe directly for the reservations.


SIS_Logo.jpg

Card Front
SoupInaShoeDMfront_web.jpg

Card Back
SoupInaShoeDMback_web.jpg
スポンサーサイト
[ TB*0 | Comment*2 ] page top
DATE: 2009/11/01(日)   CATEGORY: 日記
Stay warm (みんな温かくしてね) 
朝から久しぶりにもの凄い雨。
小松では今日はブルーインパルスの航空ショーだったはずなのに、飛行機は飛んだのでしょうか。。
もともとこの航空ショーに親戚・夫と出掛ける予定だったのですが、
私が風邪を引いて行けなくなってしまいました。がっくり。
仕事がたまっていて、それどころじゃないんだけれどもね。。

今年の秋に入って、妊娠のせいか?あるものをムショーーーに食べたくなり、
たまならいことがあります。
なぜかそんなときに強く恋しくなったのは、7年半住んだアメリカの味。
友人夫婦(板前さんとコックさん/ソムリエさん)が『友人でアメリカ料理を研究してるシェフのひとが作ったから』と分けてくれた『キャロットスパイスケーキ』を食べた日から、なんだかアメリカで食べていたいろんな味が妙に恋しくなってしまって。日本に帰国してからも、こんなにアメリカの味を恋しいと思ったことはなかったのに。『キャロットスパイスケーキ』の、あのクローブやナツメグやシナモンの効いたなんとも『アメリカ~』な味は地元ではまずお目にかかることができない、ひとくち口に含んだ瞬間にアメリカに帰れる懐かしいホームメイドな味。
そしてそのスパイスの香りは、やはりアメリカのホストファミリーの家で過ごしたり、NYの友人達と過ごした『クリスマス』を思い出させるのでしょうか。寒くなってくると、あのシナモンやクローブの香りがとっても心地いい。
NYにいるときに、よくいろんなデリやカフェで、歯が溶けそうなくらいに甘そうな(実際、とっても甘~い)アイシングと人参の飾り(これもオレンジと緑のアイシングでできている)を乗せて、どこのデリやカフェに立ち寄っても、たいていショーケースの中に売っていました。
『キャロットケーキ』というネーミングを初めて聴いたときには、なんだか、昔好きだった絵本の
『ウサギのお母さんがウサギの子供達に焼いてあげたケーキ』。。みたいな感じで、
実際この世で出逢えたことに感動したものです。
。。と、ここまでキャロットケーキについて長々と書きましたが、その延長線上には。。
アメリカの冬・・キャロットケーキ・・そしてホットチョコレート、、を思い出し、
たまらなくあのでっかい枕みたいなマシュマロが浮かんだ、アメリカのココアが飲みたくなり友人に話していました。そしたら先日、久しぶりに東京から逢いに来てくれたNY時代からの友人が、
東京の輸入食材店でアメリカのマシュマロ(日本のとぜんぜん違うんですよね、味も舌触りも。)をお土産に買って来てくれたのです。感激!
今日は朝からどしゃ降りで暗く(こんな日曜日は家で過ごす時間が幸せですがね。仕事もはかどるし、私はけっこう好き。おうちがあってよかった。とつくづく感謝します。はぁ~。)寒かったので、
うきうきとココアパウダーを練って、ミルクを入れて、熱いホットチョコレートを作り、
でっかいマシュマロを惜しみなく浮かべて、、、温まりました。ほふっ。
幸せ。。。友よありがとう。
メキシコのように、ここへチリ(唐辛子粉)を入れて飲むのも大好きです。
日本のショウガ湯、スウェーデンのグロッグ(スパイスを入れて熱く煮たホットワイン)、
香港の煮出しミルクティー、アメリカのホットチョコレート・マシュマロ入り、、
寒い冬にはいろんな幸せの温かい飲み物が、世界中にあるんですね。
私はすっかり風邪を引いてしまいましたが、、これで元気になります。
皆さんも温かい飲み物で体を温めて、がんばってくださいね。
くれぐれも風邪を引かないように。


I will write English version soon!


091101_1757~02

091101_1758~01

[ TB*0 | Comment*1 ] page top
Copyright © aiMIKI STUDIO. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。