aiMIKI STUDIO
ai's country life with good fish and design. 田舎で旨い魚とデザイン暮らし。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2009/10/28(水)   CATEGORY: 日記
something I'm into lately (最近はまってるコト)
最近私がはまってるコト。
それは、図書館で文学小説の朗読CDを借りて来ては、
長い秋の夜長、だらだら時計のペインティングをしながら聴くことです。
小さい時から推理小説や文学や日本昔話や民話の朗読テープが
大好きで、よく聴いていたのですが、
一度だけ聴きたいものを、いろんなシリーズ自分で買い集めるのもなかなか難しい。
図書館だと毎日のように違う、いろんなお話を借りれる!ということに気がついて、
早速つぎつぎと借りてきては、読みあさって(聴きあさって)います。
小さいときに一番最初に聴いたのは、宮沢賢治の詩集朗読。
『永訣の朝』の、長岡輝子の「あまみぃ~ずとてちてけんじゃぁ。あまみぃ~ずとてちてけんじゃぁ。』がキョーレツに強く頭に今でも残っています(なぜか親子3人でキャンプに出掛けたとき、
行きの車の中、その物悲しい詩をテープで聴いていた記憶が鮮明に・・・・)。
今でも小説は暗い方が結構好きなのは、そのせいかしら・・・?

そのあとすごく記憶に強く残っているのは小学校のときに寝るとき枕元で聴いていた
『シャーロックホームズ<バスカヴィル家の魔犬>』でした。
シャーロック探偵などがドアをギィ~っと開けたり、ぼんぼん時計が鳴る音が効果的に入っていて、ぞくぞく想像力をかき立てました。
宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』はNYでよく仕事中にヘッドホンをして聴いていましたが、
朗読の声も心地よく、
夜空の中を走る鉄道の光とか、
想像をかき立てられる描写が多く、とても好きな作品です。
おなじみ、市原悦子/常田富士男のコンビで読まれる『日本昔ばなし』も最高ですヨ!
けっこう、耳で文学や昔話を聴くと、私の場合・・、なのかもしれませんが、
目で字として読んだ小説よりも鮮明に、自分で勝手に思い描いていた映像/世界とともに
強く覚えているんですよね。
秋の静かな夜、ひとりで居るときに、、、なかなかいいですよ。
夜中に起きていると、なんか途中で音楽も聴き飽きるときがあるんですよね。
そんなとき、声の心地よい朗読の(今は岸田今日子の朗読にハマってます)の
温かい声を聴きながら、
いろいろ勝手に頭の中で物語の背景を思い描きながら作業をするのは、
なかなか楽しいものです。

Something I'm into lately...is listening CDs of literature, novels, sometimes detective stories and Japanese old fairy tales that were read aloud by voice actors who have very comfortable nice voices while
I'm painting during quiet mid night hours.
Actually, I loved enjoying literature by listening cassette tapes more than reading, since I was very little child,
somehow I remember stories that I heard by listening tapes more clearer than the stories I read by eyes. And these great voice actors' readings, and sometimes even sound effects(specially for the detective stories like "Sherlock Holmes") make me imagine all the scenes visually in my head, and sometimes I imagined very beautiful views for some literature or poems, and I never forget that even after I became older.
For example, I remember so clearly, one of the darkest, saddest poems of Kenji Miyazawa which I was listening in a car on our way to go camping with my parents when I was very little...I don't know why they played such a dark sad poem on the way to go fun camping....but maybe that's why, I still love dark and sad literature and poems more than happy happy ones.

Anyways, recently I realized that we can rent all of these literature CDs at the libraries, and I'm so excited renting one by one to enjoy every night.
Sometimes when I'm awake til very late, even listening favorite music makes me tired and bored..
around 3am, I miss low human voice, not singing, more relaxed and quiet and comfortable.
Enjoying all of the novels & literature that I wanted to read for a long time by listening CD is
very fun thing to do for me.


091026_1823~01

091028_0004~01
スポンサーサイト
[ TB*0 | Comment*1 ] page top
DATE: 2009/10/22(木)   CATEGORY: Welcome Boards
Hearts and Roses (ハートと赤いバラ)
10月10日、私の高校国際科時代からの友人Mariがめでたく結婚式を迎えました。
彼女は高校時代からバンドでギターを弾いていて、なが~いサラサラの髪をかきあげ、『フフフ』と
微笑む姿が大人っぽく色っぽく、昔からそういえば、『赤いバラ』が似合う子だったなぁ。
そしてけっこうビジュアル系バンドやミュージシャンを熱く好きなところもまた面白い。
彼女の結婚式のウェルカムボードを頼まれたとき、入れたいものは何かない?と聞いたところ、
『赤いバラとハートと羽根が好き。』と言っていました。
好きな色はラベンダーのような薄紫。
私の彼女のイメージとバッチリ合ったので、とっても描きやすかったです。
結婚式には私もゲストとしてお招き頂きました。
テーブルセッティングやお皿、会場も『赤いバラ』がテーマで飾られ、ロマンチックでとても素敵でした。
そして彼女の色ドレスはもちろんラベンダー色。
彼女の式にウェルカムボードが溶け込めた気がして、
そしてなにより彼女がとても気に入って喜んでくれたので、嬉しかったです。

Oct. 10th, one of my friends from high school got married.
She had matured aura since young age already, playing guitar in her band,
combing up her very long straight hair with smile,
Ummm...her image was already "red rose" to me at that time,
Also it is interesting combination that she is very passionate with Visual-kei Musicians/ Music with her character.
I asked her "do you have any special items you want to put into the illustration?" when she asked me to make a welcome board for her wedding.
Her answer was " I like red roses, hearts, and feathers."
Her favorite color is Lavender.
It was very easy for me to draw for her because it was perfectly matching with my image about her.
I was also invited to her wedding.
Everything in the party was decorated with "red roses", it was very romantic and beautiful.
And of course, one of her dresses were Lavender.
I was happy to see my welcome board was naturally matching with her wedding,
and more than that, it made me happy that she loved it very much.



WeddingBoard_Mari-copy.jpg

DSC08145.jpg

DSC08184.jpg
[ TB*0 | Comment*0 ] page top
DATE: 2009/10/16(金)   CATEGORY: Design
Vent Vert (緑の風)
越前市にある美容室Vent Vert (ヴァン・ヴェール)さんの
6周年を記念したDMのお仕事をさせていただきました。

蜂のイメージは、『コツコツ、日々一生懸命積み上げて来たお店の歴史』と
『1つ1つの積み重ね(トータル)で、お客様をサポート』。。というコンセプトから、
そして『6周年なので6角形』。。というのもあり、お店の方の思い描いていらっしゃった
アイデアをなるべく生かして取り入れさせていただきました。
Vent Vertさんの新しいイメージ作りを第一に、
スタイリッシュでエレガントな秋の雰囲気に。。
と心を込めて作らせていただきました。

I designed "the 6 years anniversary card" for one of the hair salons in Echizen, called "Vent Vert".

Bees are for their concepts, "our history of hard working everyday for 6 years",
"we will support our customers carefully one by one",
and "a hexagon = 6 (years) ", I tried to put these ideas as much as possible into design.
The most important priority was to make their new image of the store for the anniversary.
And as they wished, stylish and elegant, and fit with fall season.


vent2.jpg



[ TB*0 | Comment*2 ] page top
DATE: 2009/10/16(金)   CATEGORY: Welcome Boards
Love radio wave to Jupiter (木星への愛の電波)
9月20日 空が透き通って鼻の奥まですぅ~っとするような青空、見事な秋晴れ。
私のハトコの、5歳くらいから一番よく一緒に遊んだ幼なじみ、ミドリちゃんが、
私達の毎週一緒に踊っているサルササークルで、素晴らしい人生のパートナーと出逢い、結婚式を挙げました。彼のお仕事は、大学の宇宙物理学の先生。木星からの電波を中心に研究されている立派な、またお話しするとどこまでも面白い、深みのあるお茶目な方です。
ふたりが最初に手をつないだ、想い出のデートは、夜桜が咲く中、お祭りの後、2人でバナナのチョコディップを食べながら夜空を見上げて一緒に歩いた日。
きっと彼は、星のこと、宇宙の不思議を彼女にお話ししてくれたのでしょう。
そんなふたりの想い出を、ウェルカムボードにしました。
もちろん、彼らの守りの星、木星は、月よりも大きく輝いて、彼らを見守っています。
私の姉妹のように大切なミドリちゃんと、大好きな仲間である彼が、いついつまでもずっと同じ星を観ながら手をつないで歩いて行ってくれますように***。

On this Sep. 20th, it became so beautiful day with a blue sky of autumn.
My cousin Midori who is the closest childhood friend for me just got married.
Her partner is a teacher at the university who is teaching and studying about Space Physics especially concentrating on a radio wave from Jupiter.
They met each other at the salsa circle we are dancing every week, he is such a nice, and fun guy to talk. Very deep interests & knowledge about a lot of things.
Their first date was, when they went to a night Sakura festival in Spring, and they walked folding hands (for the first time*) eating chocolate dipped banana, and looking up the sky together.
Of course he might explained about the stars to her.
I made that scene for their welcome board for the wedding.
Jupiter is bigger than Moon and shining for them.
Wishing they can walk forever together, holding hands and looking at the same star...***


Tomo_Midori_Wedding copy
[ TB*0 | Comment*0 ] page top
Stories on the old vinyls (懐かしいレコードの上に描く物語)
furiko_WomanLove_1.jpg

furiko_WomanLove_2.jpg
[ TB*0 | Comment*0 ] page top
Copyright © aiMIKI STUDIO. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。